あなたのお店の
戦う強みを“見える化”します


人手不足、人件費上昇、働き方改革・・・
飲食業の経営は急速に難しくなっています。
でも、今ある勤怠データを活用すれば、まだまだ飲食業は成長できます。
人を活かす余力を“見える化”すれば、お店の収益を確実に向上させます。
労務AIは、今までと違った新しい視点で分析をします。
まずは勤怠データを2年分以上お預けください。収益向上のための余力を報告します。

人の変化を前提としなかった時代の視点では
勝てない

深刻な人手不足の時代。
人手不足が売上減少、コスト増加を招いています。
人手不足の時代は、いつもの出来るメンバーだけで営業できない時代です。

人の変化が常に発生する時代に
人の変化が営業に与える視点


①人はいるけど売上につながっていない・・・社員疲弊分析
②時給の高騰・・・戦力分析、パート時間比率分析
③採用コスト高騰・・・初期退職分析
④外国人活用・・・外国人時間比率分析

採用から定着までの動き、そして、店舗で日々働くメンバーの動き方を“見える化”します。それにより、売上減少につながっている働き方、コスト増につながる働き方をはっきりとさせます。
そうすれば、具体的な取組つくることができ、成長を確実にさせます。

数値化で隅々まで把握する

過去の勤怠データを分析し 良かった時代とこれからの時代の変化を見極め

人手不足時代の労務の視点は「人の変化を見抜く目」
労務AIで
 連続労働発生率
 PA初期退職率
 店舗戦力分布
 外国人労働比率
 打刻信頼度
をしっかりと見極め、複雑な労務から会社成長の為のKPI設定を可能にします。

人手不足時代の労務KPIの変化を知り
打ち手の確度をあげていきます

【人手不足が負のスパイラルを生み出さないための診断】
①人の変化の最大の要因、初期退職の実態と定着ポイントを把握
②労務環境に変化をもたらす要因となるKPIを四半期で管理
③KPIに影響を与える働き方の推移を月次で確認
④労務環境を壊す人への負荷を週次で監視

個人的な人の動きや
人との組み合わせを把握しながら
現状をスマホで”見える化”します。

労務AIでシフトを見ると、
シフトも今までと違った景色で見えます。 シフトに与える様々な経営指標と組み合わせると 打ち手も変わります。

労務AIへのお問合せ

お問合せ