感覚的な労務を数値化して現状把握をする

現状の数値化で課題設定

定性的な情報収集

労務は感覚的な分野です。なんとなく気にはなるけど、数値で判断できないから改善も見えない。
長時間労働のきっかけは離職率の向上。
離職率の向上は長時間労働を生み出す。
労務AIは、定性的に収集した情報を解析し、よりよいお店づくりに役立てます。定性情報をいかしながら定量的な情報を活かせます。

過去の勤怠データを解析し将来に役立てる

過去のデータ解析を通じて、
「問題があった時のお店の状況はどんな数値だったか」
というように、
数字をもとに過去を分析していくことで、会社やお店の抱える働き方を数値化。
現状分析を通じて、具体的な打ち手を決めて、
具体的な計画策定へと導きます。

数値化で隅々まで把握する

過去に遡り詳細データを洗い出し
現状把握します。

労務KPIの変化を知り
打ち手の可能性を拡げていきます

個人的な人の動きや
人との組み合わせを把握しながら
現状を”見える化”します。

労務AIでシフトを見ると、
シフトも今までと違った景色で見えます。

労務AIへのお問合せ

お問合せ