人手不足時代に、人が辞めすぎという現実。

辞め時を知らずに、人手不足対策はできない。

”今どきの若いのは根性がないから辞めるんだ”
”合わない人はすぐに辞めてもらっても構わない”
そのようにうそぶいていても人がいないのも事実。
人が辞めることに慣れすぎることが一番危険です。
会社としてやるべきことをしっかりとやりきったうえで
あわなかったから辞めた、と言うようにしていくことが一番大切です。
人がいなくてはシャッターも空けられない飲食店なのですから。

労務AIで会社の辞め時を把握する。

人が辞めることを数値でしっかりと把握する事が大切です。
1人あたりの戦力になる前に退職をしている実態を把握すると
いかにお金を垂れ流していたのかを知るとともに
お店が抱える問題点が、人の退職傾向と重なってくることがわかると思います。
労務AIで辞め時と、定着につながる時期を把握し、その原因を探ります。

人がすぐに辞めない環境作り

人の受入方と、受入時のギャップを把握する

アルバイトや社員の受入実態をスマホで簡単に把握します。
労務的視点、人材育成の視点、モチベーションアップの視点。
受け入れる人の「やっている」という意識と
入社いしてくれた人の「やってもらえた」という事実。
そのギャップから、会社として、徹底的に取り組むべき事柄を具体的にしKPI設定を可能にします。

新人を放置することなく、初期退職を予防する

すぐ辞めさせないために必要なこと。
それは安心感を与えること。
マズローの五段階欲求の安心安全欲求をちゃんと満たしていくこと。
お店が合わないから辞めているわけではありません。
嫌だから辞めているのです。
①入社初日、1週4週8週などの辞め時にあった面談実施のサポート
②受け入れられ方の実感をスマホで常に把握
会社としてやるべきことと、やってもらえていることのギャップをなくして
すぐ辞めるを回避していきます。

コミュニケーションを店長任せにしない

労務AIでコミュニケーションの時期を店長に伝えます

いつ、だれに、何を話せばよいかわからない

新人スタッフに安心感を与えるコミュニケーション。いつも忙しい中、コミュニケーションを怠らずに、新人をケアし続けることは簡単なことではありません。
労務AIが、会社の新人の辞め時にあったタイミングで面談催促ととるべき面談内容をお知らせします。
店舗における新人面談のポイントは”質より量”と”オープンクエスチョン”。労務AIが、立ち話3分面談を可能にします。

【確実な実行】
会社が一生懸命新人スタッフをケアする仕組みを作っていても、新人スタッフが実感しているかはわかりません。
新人スタッフがお店でしてもらっていることと、会社が取り組んでいることのギャップを把握し、
より完成度の高い仕組みへと進化させていきます。

すぐ辞めた!をいち早く把握。

ばっくれ、ドタキャン。
新人の退職は、なかなか本部へ報告があがってきません。辞めたかどうかわからないまま時間だけが過ぎていきます。
労務AIは、『やめちゃったかも』をいち早く察知し、本部へ報告をします。
この報告により、店舗での受入方や定着への進捗を把握することができ、より新人が辞めないお店づくりへとブラッシュアップさせていくことが可能となります。

労務AIへのお問合せ

お問合せ