日々の動きにあわせた先手のリスク管理

後手になる労務リスク管理を先手に変える

労務リスクを予想するのはとても難しいです。なぜでしょうか。それは、労務リスクとして認識するきっかけが給与計算の為の勤怠データを〆てから給与計算をして、その後に、労務リスクの発見、という流れだから。
労務リスクの予想が難しいからといって、システム的に働かせない、となると、隠れて仕事する。本社は知らない。いきなり労務リスク発生、となります。
労務AIは日常的なデータ解析を通じて労務リスクの可能性を予見するサイクルを作り上げます。

見過ごせない働き方を、御社独自のKPI(key performance indicator )へと
進化させます

労務リスクは100%アウト、となるまで放置した時、それはかなりの大火事状態です。ただ、見えていなかっただけです。かといって、リスクが気になり動けなくなる、となると、正常な事業運営はできなくなります。
労務リスクを見極めるのは簡単ではありません。その理由は、簡単です。会社ごとにそれぞれ状況が違うからです。百社あったら百通りの労務がある。それが私たちの考え方です。
労務AIでは、一般論の労務リスク管理ではなく、今会社にとって見過ごしてはいけない労務リスクを、多面的に見つけ出す技術、それが労務AIによるリスク管理です。だからこそ、事実をもとに対応策などを監督署や争いごとに活用していけるのです。

個別の労務トラブルにも違った視点をもつ

交渉術としての個別労務リスク対策

いきなりの労務トラブル。
相手を決めつけで話し合うのは危険です。

個別労務トラブルは感情問題です。店舗で感情まかせで言い合ってしまえば大トラブルへと発展していきます。
会社や店長として伝えたいことばかり一方的に伝え、相手の状況や本心をまったくくみ取ることなく、結果、感情的な話しになり、こじれ、大きなトラブルへと発展していくことはよくあることです。
感情的なトラブルに発展する前にちゃんと準備をして、絵を描いて、最善の結論へと導くためのサポートツールとして面談ツールを活用できます。
日常的な、良好なコミュニケーションを作り上げていくのも労務リスクマネジメントです。

相手を逆なでして
大炎上するのを回避します。

こっちは冷静に話をしているのに
部下が急に激怒、
なんてことありませんか?
相手の逆鱗に触れることを
知らず知らずに言ってしまう。
本来は大問題ならずに済んだ労務トラブルも
不用意な一言で
大炎上してしまいます。
労務AIの
個性診断を活用して
冷静な交渉の場を作り上げていきます。

労務AIへのお問合せ

お問合せ